【書評】実話だから100倍面白い!破天荒フェニックス・オンデーズ再生物語

「破天荒フェニックス・オンデーズ再生」を読みました。

圧倒的に危機的な経営状況の中、

経営者が抱える、苦悩や葛藤、緊張感、綱渡りな状況――。

諦めずに挑戦していく姿。

本当に惹きこまれました。

もう息が詰まるような展開に、この先はどうなる?どうやって乗り切るの?

どんどんページをめくらされました。

「面白い」

苦しくも、楽しい、やりがいのある挑戦の疑似体験ができます。

この本を読んだ時に経営者の仲間の顔が浮かびましたね。

経営者の方、これから起業を目指している方、何か行動したいとくすぶらせている方…

「破天荒フェニックス」をぜひ読んでもらいたい。

「破天荒フェニックス」のあらすじ

僕は、「絶対に倒産する」と言われたオンデーズの社長になった。
企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメントビジネス小説。

2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治は、ひとつの賭けに打って出る。それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン「オンデーズ」の買収――。新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃える田中だったが、社長就任からわずか3カ月目にして「死刑宣告」を突き付けられる。しかしこれは、この先降りかかる試練の序章にすぎなかった……。
企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメント小説。

https://www.gentosha.co.jp/book/b11927.html

これって実話なんだよなあ・・

本当にマンガやドラマみたいなストーリーが続いていきます。

当時、「絶対に倒産する」と言われたオンデーズ。

何度も何度も何度も「資金ショート」の課題に悩まされます。お金のことで頭がいっぱいなのにも関わらず…社員との意思疎通もうまくいかない。

追い込まれる状況、その時の感情などが”リアル”に描かれています。

周りは敵だらけ。

時に強硬手段。

少しずつ協力者が現れる。

そして掴んだチャンス。

挑戦していく姿に、熱い気持ちをもらいました。

hat
僕も経営者なので、この苦しい状況、本当に気持ちがわかります。ほとんどの経営者の方は、共感するんじゃないですかね。

【ネタバレ含む】「破天荒フェニックス」で印象に残ったシーン、好きなフレーズ。

“あぁ見えるということはなんて素晴らしいんだろうって、目がよく見えることのありがたさを、これほどまでに感じたことはなかったわ。だからこんなものしかなくて本当に申し訳ないんだけど、この差し入れをね、せめて受け取ってほしいのよ。今日はね、来てくれて本当にありがとう、本当にありがとう。本当にありがとう。”(あるお婆ちゃんのセリフ)
引用元:破天荒フェニックスp2678
2011年の東日本大震災の時に、OWNDAYSは被災地に『メガネをなくて困っている人たちに無料でメガネを配る』支援を行っていました。
その時にメガネを渡したお婆ちゃんのセリフです。メガネを失くして困っていたところに、OWNDAYSのメガネが届きます。そして自分の目で避難名簿にある「家族の名前」を発見できたお礼に言われたセリフです。
ぐっとくるものがありましたね。
この時に田中さんは
“オンデーズが本当に売らなければいけないのは、安いメガネでもお洒落なメガネでもなく「メガネをかけて見えるようになった素晴らしい世界」だったのだ”
引用元:破天荒フェニックスp2710
と気付きます。自分の仕事にとって一番大事なことは何でしょうか。考えられさせるシーンでしたね。
“『思わずほしくなって買っちゃった』”
OWNDAYSの社員、スタッフたちが「こういうフレームを待っていた」「こういうのを掛けてお店に立ちたかった」と、自分たちが進んで自社の製本を購入したシーン。
田中さんも”僕もようやく「メガネ屋」の社長」として全国の社員に認められたような気がした”(引用:p3019)
ここ、感動しましたね。
”『俺が信用したのだからオンデーズは絶対に伸びる。もしその判断が間違いだったとしても、後で出資しなかったことを後悔するよりも、失望をかかえたまま生きていく方がまだマシだ』”(藤田社長の言葉を代弁する藤田光学山口常務のセリフ)
引用元:破天荒フェニックスp3855
心強い味方の登場。このあといくどとOWNDAYSのピンチを支えてくれる藤田社長。
出資して失敗することよりも、出資をしなかったことで後悔する。
すごい器の大きな方だなと思いますね。
“「社長! すごい! すごい! メガネが売れた! 売れちゃった! ヤバい! 私たちが日本で売っているメガネ、今英語で接客して売れていった! なんかすごい瞬間に立ち会っちゃった気がする。やばいよ……これ、泣ける」”

シンガポール、海外での初出店。OWNDAYSは受け入れられるのか。期待と不安が入り混じる中、最初のお客様が購入してくれる。

オープンに至るまでも、問題の連続…この初めてメガネが売れた瞬・・僕も感動しました。

hat
僕が飲食店をオープンしたての頃…初めてパスタを注文された時、美味しそうに食べているか、ドキドキしながらお客様の顔を見ていたのを想いだしました。
”いつだってビジネスマンである皆んなを、一つにまとめるための特効薬は「結果」だ”
引用元:破天荒フェニックスp4542
かっこええ。

ドラマ化「破天荒フェニックス」

\テレビ朝日系で新春ドラマとして放送!!/

テレビ朝日系列、主演・勝地涼。

ドラマは原作の完全再現ではなく、会社名も登場人物の名前も少し変更してオリジナルなストーリーになっています。

オンデーズはサンデーズになり、田中さんは田村さんになってます。

ドラマを見た感想を素直に・・・

ちょっと軽いノリな感じに仕上がっていて、原作にある綱渡りな描写が薄いのが残念なですね。

もしドラマから入ったって方は、原作を読んでもらいたいですね。

ちなみにドラマの見逃し放送は『AbemaTV』で観れます。

「破天荒フェニックス」を読むには?

書籍の購入はこちら

破天荒フェニックス」はKindle unlimitedでも読めます。

「破天荒フェニックス」はAmazonの『kindle unlimited』で読み放題で読むことができます。

「破天荒フェニックス」はaudibleでも聴けます。

「破天荒フェニックス」は耳で聴きながら読書できる『audible(オーディブル)』にも対応しています。

「破天荒フェニックス」の感想まとめ

同じ経営者として、単純にすげぇなって想いました。かっこええ。

でも経営者って同じような経験してると思います。支払いに追われる日々、「ここで車にひかれたら・・」的なことを頭をよぎったこともあります。同じ気持ちになった経営者の方は沢山いるんじゃないですかね。

本を読んでいる途中から湧き出る感情は‥「挑戦」したいですね。

今も挑戦し続けてるんでけども(笑)それでもこの「挑戦」したいという気持ちが湧き出てきます。

hat
まずは相棒たちにこの本を読ませたい!って想いましたね。そしてこれからなんかチャレンジしたいって方には、おすすめする一冊です。

最新情報をチェックしよう!

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of