ゲームオブスローンズが面白すぎる…ファンタジー好きなら見るべし!【GOT】

  • 2021年6月6日
  • 2021年6月29日
  • VOD
VOD

またハマりました。

今日は一気見してしまった『GAME OF THRONES(ゲーム・オブ・スローンズ)』についてお話します。

この作品、前情報も一切なく、Amazonプライムのオススメに出ていたので何気なく見始めました。

最初は???の連続でしたが、世界観を理解していくにつれのめり込んでいきました。

最初に言いますが、めっちゃ長編です笑

貴重な時間をめちゃくちゃ奪われます。観る前に少し覚悟がいります笑。

それでも楽しめるので、ぜひ観る価値はあります!

GAME OF THRONES(ゲームオブスローンズ)とは?

ゲーム・オブ・スローンズには原作があります。

アメリカの小説家ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説『A Song of Ice and Fire(邦題:氷と炎の歌)』です。

海外ドラマ制作で「クオリティが高い」と名高い『HBO』がドラマ化・制作しました。

小説版を読んでいないで詳しくは語れないのですが・・原作との大筋のストーリーは同じだか、ドラマ版は小説とシーズンが進むにつれて異なってくるようです。登場人物が減っていて、1人の人物が未登場の人物の役割を担うようになっています(wikipedia情報)。

ゲーム・オブ・スローンズは、2011年春からアメリカなどの諸国で放映が開始。2019年のシーズン8で最終章を迎えており、完結しております。

1話60分前後あり、1つのシーズンに10話ほどあります・・(;’∀’)(;’∀’)

最初に戸惑う部分

何気なく見ていると最初に戸惑う部分がいくつかありますので、あらかじめそこをクリアしていた方が見やすいかと思います。

①主人公について
②世界観
③エッチ・・セクシーなシーン多し!

ある程度、基盤として知っておかないと、『???』と感じる部分が多いと思います。

戸惑い①主人公について

物語の中で最も重要な人物である『主人公』。

だいたいの物語は、主人公を軸に進んでいきます。主人公の葛藤や成長に感情移入していきますよね。

ゲーム・オブ・スローンズでは、中心となる主人公がいません。

様々な登場人物が登場し、それぞれの目線で物語が展開していきます。この登場人物がこうなって行くストーリーなのかな?あれ違う?ここで死んじゃうの?(;’∀’)

みたいな・・観た人はわかりますよね笑

途中からこの世界の歴史を観ている・・と自分に言い聞かせて観ていきました。

逆に言うと、登場人物全員が主人公の話とも言えます。

長く観ているとそれぞれの人物の過去を知ったり、成長していく過程にどんどん感情移入していけるようになっていきます。

自分と重ねる人物が出て来たり、好きなキャラ、最初嫌いだったけど好きになって行くキャラなどなど。

僕も最後になるにつれて好きなキャラが出来てきました。

あとで紹介しますが、1番好きなキャラは、ティリオン・ラニスターですね。

あなたにとっての主人公が存在するはずです!

全世界熱狂の超ド級ドラマ、ついに完結―。史上最大、壮絶な戦いがここに。…

戸惑い②世界観


出典元:https://gameofthrones.fandom.com/ja/wiki/%E5%A3%81

ゲーム・オブ・スローンズは、実話ではなく架空の世界を舞台とした物語です。

中世ヨーロッパ風な王族や騎士などが登場したり、アジア、アフリカ的な部族も登場したりします。

物語独自の風習や大陸の設定などがあり・・そこを理解するのに時間がかかりました。

世界枠組みを理解してから見るとストーリーも入りやすいと思います。

2回目見直すともっと面白いと思いますが、さすがにあれ全部を2週するのは・・(;’∀’)

・・・・

物語の舞台となるのは大陸ウェスタロス。海を挟んで東に位置する大陸エッソス。

ウェスタロスは中世ヨーロッパがモデルとなった世界観です。

そのウェスタロスの北側には大きな壁が存在していて、壁の向こう側にいる脅威ホワイトウォーカー(その正体は不明)から守られています。『進撃の巨人』の壁と巨人の関係に似ています。

東の大陸エッソスは、中東アジアやエジプトなどを彷彿とさせる世界観です。

・・・・

約300年前、ウェスタロス大陸は7つの王国に分かれていました。

そこに東のエッソス大陸からドラゴンを率いたエイゴン・ターガリエン1世が侵略してきます。

エイゴンとドラゴンによって7つの王国は解体され、1つの王国に統一されます。〇〇国といった国名はありませんが、七王国と呼ばれています。

数十年前、ターガリエン王朝は『ロバートの反乱』で倒され、ロバート・バラシオンが七王国の王となります。

物語が始まった際に王様として登場するのが、このロバート・バラシオンです。

ロバート・バラシオンの親友であり、戦友でもあるエダード・スターク。このスターク家は古くから北を守っています。

ターガリエン家のほとんどは殺されましたが、その生き残りであるヴィーセリスとデナーリスはエッソスに亡命します。

・・という物語上の時代背景があります。

・・・・

物語が始まると舞台は大きく3つに分かれます。同時に3つの視点から描かれます。

・七王国の中心となる『王都』・・・ここでは後継者争いの内乱の話。

・壁の向こう側の脅威と戦う『北部』・・・壁の向こう側の脅威と戦う壁の守人『ナイツウォッチ』の話。

・ターガリエン家が亡命した『エッソス』・・・王都を取り戻すべく立ち上がるターガリエン家の話。

物語が進むにつれ、この3つの視点は1つに繋がっていきます。

大枠の解説ではありますが、この世界観の設定を理解していないと長い間『???』になってしまうと思います。

参考にしたサイトでも、最初勘違いしていたというコメントを見かけます。わかるわぁ笑

冬来いよ

奥が深くて難しい「ゲーム・オブ・スローンズ」。 次から次へと疑問がわいてきますが、なかでもこのような“壁”にぶち当たった…

戸惑い③エッチ・・・セクシーなシーン多し!


出典元:https://www.ladbible.com/entertainment/film-and-tv-emilia-clarke-thinks-there-should-be-more-nudity-on-game-of-thrones-20160418

ヌードシーンがめちゃくちゃ多いです!ベッドシーンも。

何も知らずに観ると日本で言う『Vシネマ』的な位置づけなのかな?と最初思いました(;’∀’)

上半身はもろ見えで、下半身ではモザイクがかかっているところもあります。

リアルな世界観が描かれていて、『娼婦』『近親相姦』『同性愛』も表現されています。

セクシーなのは男なので嫌いじゃないですが、ここまで過激ではなくても良いかなと個人的には感じました。

女性側はどんな感じなのでしょうかね?

それから海外ドラマをそんなに見ないので、海外の女優さんって全くヌードに抵抗ないのか?海外では当たり前な演出なのか?

海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

お久しぶりのご登場はエミリア・クラーク(33)先日、ダックス・シェパードのポッドキャスト『アームチェア・エクスパート』に…

気になって調べましたが、海外でも日本と変わりませんね。ヌードになるのはやはり勇気のいることでした。

体当たりな演技をされている女優さんには本当に感心させられますね。

ドラマの撮影自体が2011年から始まって2019年の終わりを迎えるまでに8年かかってます。ドラマの時間の流れと共に出演者自体も成長されているんですよね。

子どもだったサンサやアリアが最後の辺に大人っぽく感じましたが、実際の年齢も重ねていたのですね。

ゲームオブスローンズはどこで観れる?

ゲームオブスローンズはどの動画配信サービスで観れるのか?またオススメの観方を紹介します。

  月額 見放題 有料
amazon prime 500円
年間4900円

 

Netflix

990円~ × ×

 

U-NEXT

2,189円 ×

 

hulu

1,026円 ×

※見放題は月額料金だけで観れます。有料は月額とは別に有料で料金が発生します。

ゲームオブスローンズのみを観るのであれば、オススメはhuluです。

huluは見放題で全シーズン観ることができます。

amazon primeでは見放題なのですが、最終章は有料です。1話162円、1シーズン2,160円です。

U-NEXTは最終章までの全シーズン観れるのですが、見放題ではなく1話330円、1シーズン2,640円の別料金がかかります。

Netflixでは残念ながら配信されていません。

ちなみに僕はamazon primeとU-NEXTの会員なので、シーズン7までをamazon primeで観て、最終章のみをU-NEXTで貯まったポイントで購入して観ました!

【ネタバレ含む】個人的な見どころ

長い長いドラマでしたが、続きが観たくて観たくて一気見しました。

ゲーム・オブ・スローンズのどこにそんな魅力があるのか?

ゲーム・オブ・スローンズはこんな物語・・というのを個人的な意見ですが、お伝えしていきます。

家族の物語

ゲーム・オブ・スローンズには、特定の主人公がいない群像劇です。

物語に登場する主要な家系、「スターク家」と「ラニスター家」。

この二つの家族の物語を描いた話とも言えると思います。

どちらかというと主人公的な「スターク家」。

名誉を重んじる崇高な父エダード(ネッド)・スターク。

名誉を重んじるが故に自分を不利な状況に追い込むなど、不器用な生き方ではあるが周囲からの信頼の厚い男です。

5人の子どもたちと1人の庶子(おとしご)は、みな父親を尊敬していました。
※庶子…本妻以外の女性から生まれた子ども

物語が進み、エダードは死にますが子どもたちに父親の意思はしっかりと受け継がれています。

スターク家を最初に継いだ長男のロブ・スタークは事あるごとに「父ならこうしていた」と敵に慈悲をかけました。

庶子として育てられたジョン・スノウは、死刑を執行する際に「死刑を執行した人間が実際に執行する」という教えを守っていました。

スターク家はバラバラになりますが、再会した時の絆も感動します。

一方、対立関係にある「ラニスター家」。

大きな財力と屈強な軍事力によって大陸全土で恐れられる名門「ラニスター」。

王の手(王の代わりに政治を行う役職)を務め、娘は王妃に。家を守り発展させることを最優先とした厳格な父タイウェン・ラニスター。

ラニスター家には3人の子どもが。

双子のサーセイとジェイミー。その弟ティリオン。

七王国の王ロバートの妻サーセイは、ジェイミーと姉弟でありながら愛し合っています。

ティリオンは手足が短い状態で生れ落ちます。人々から”小鬼(インプ)”と罵られ、父親にも忌み嫌われています。だからと言って人生を諦めるのではなく、勉強をして知恵をつけるという努力を。

厳格な父タイウェンはラニスター家存続が第一優先のため、恋愛や婚姻も子どもたちの自由にはさせません。すべて政略結婚させようとします。

といったかなり複雑な家族環境に。

子どもたちの父親への眼差しは、「尊敬」もあるものの、「恐怖心」や「反抗心」を強く抱いています。

スターク家とラニスター家の相反する家族を映した家族の物語ではないかと。

選択を迫られる

物語の中で『ナイツウォッチ』という役割が登場します。

北の壁でホワイトウォーカーから南の大地を守る番人のことです。

ナイツウォッチには掟に『妻や子どもを持ってはいけない』というのがあります。

「人は愛と義務かの選択を迫られた時に、正しい選択をできない」という理由からです。

家族や女への愛を優先してしまい、選択を誤ってしまう・・。

これは物語の中で、様々な登場人物が試されていくのが描かれています。

正しい選択ができずに破滅する者、それを貫く者、ここにも注目して観ると面白いです。

僕はゲームオブスローンズを2周目で観た時に、この伏線回収があったんだと気づきました!

ドラゴンの戦闘シーン

ドラゴンの戦闘シーンは豪快で爽快感があり、見どころの1つです。

数十年前に絶滅したはずのドラゴンですが、デナーリスによって再びこの世に誕生します。

ドラゴンはかなりリアルに描かれていて、かっこよく、恐ろしくもあります。

ぜひ劇中で観てほしいです。

2周目のシーズン1を観るのがオススメ。

長編ドラマなので1周するだけでも大変なのに、2周目!?

と僕自身思いましたが・・実際に2周目を観るとめちゃくちゃ面白いです。

1周目は登場人物もよくわからないし、ストーリーも意味がわかりません。

???が続いていく中、だんだんと登場人物の個性やストーリーの本筋がわかってきます。

そこも面白いのですが・・(;’∀’)

2周目はそれらを理解した上で観れるので、このセリフはこのことを意味していた伏線だったのか!!とか、ここで密告があったとか陰謀の動きも見えます。

怪しいキャラのこのセリフも本心だったんだ・・などなど。

物語のいろいろな意図が見えます。これは本当に面白いです。1周も大変ですが、ぜひ2周目のシーズン1が面白いです。

余力があればシーズン2以降も(^^)/

まとめ

いかがでしょうか。

ゲームオブスローンズ、本当にオススメです。

とても細かい世界観が設定されていて、生活感もしっかりと描かれています。

中世ヨーロッパは華やかなように見えて、実はめちゃくちゃ不衛生だそうです。糞尿が街に垂れ流されているなど・・。”街の匂いが臭い”ここも描かれているのがすごいと思いましたね。

海外での評価はめちゃくちゃ高いのですが、周りで観ているって人になかなか会わないんですよね(;’∀’)

面白いのに!!笑

観ればわかるのですが、製作費もかなり使われていて風景や装飾もリアルです。

この機会にぜひ!!!!

ではではーーーーーーー

最新情報をチェックしよう!

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of