占い師としての顔

  • 2020年5月10日
  • 2020年5月10日
  • 占い

こんにちは、hatです。

さて今回のブログは僕のことについてのお話です。

そんなの「興味ないぜ」って人もいるかと思いますが、個人ブログなので自由に書いていきますね。

 

「自分は何者なのか?」

これは人間にとって大きなテーマの一つだと思います。

僕の今日までの人生を振り返った時・・大きく3つの顔を持っています。

1.『元飲食店経営者』としての顔。

2.『個人投資家』としての顔。

3.『占い師』としての顔。

の3つですね。

 

今日は3番目に書いた『占い師』としての顔の部分についてお話していきます。

何占いができるのか?

星座占い、動物占い、九星気学、四柱推命、タロット占い・・

いろいろと占いは存在しますが、僕が学んだ占いは【数秘術】がメインです。

 

ちなみに・・

こういうタイプのやつではないです(笑)

 

数秘術をメインに、相性占いには『宿曜占星術』を用いています。

では【数秘術】と【宿曜占星術】について、簡単に解説していきますね。

数秘術とは?

【数秘術】とは、『生年月日』で観る「命占」に分類される占いです。要するに『誕生日占い』です。

起源は諸説ありますが・・「宇宙のすべては数の法則で成り立っている」というピタゴラスの思想とユダヤ教が結びつき、そして統計学も加わり現在の「数秘術」のカタチになりました。

生年月日を1桁ずつにバラバラにして、それを足した合計で占うのが特徴です。

例えば1985年3月15日生まれの場合・・

1 + 9 + 8 + 5 + 3  + 1 + 5 = 32 
合計が32になります。この32をさらに1桁になるまで足します。
3 + 2 = 5
結果は「5」になります。
で、この5という数字を数秘術では『運命数(Birth Number)』と呼びます。
この運命数5の方はどのような特徴があるのか?現在の人生のサイクルはどのような状態なのか?を読み解いていく・・
というのが『数秘術』です。
皆さんも自分の運命数を導き出したりした経験があったりするのではないでしょうか?
それ、数秘術です(^^)/

宿曜占星術とは?

【宿曜占星術】とは、空海が中国から日本に持ち帰って来た占星術です。

発祥はインドだそうです。

こちらも生年月日から導き出す「誕生日占い」であり、「命運」に分類されるものです。

生年月日から27宿にわけられます。元は28宿ですが、27宿で占われるものが多いです。

宿曜占星術は、人間関係に強いですね。

あと運勢カレンダー的なもので、1日1日の運気も見れます。この中に「魔のウィーク」というのがあり、何か行動する際に注意をするべき日にちもわかります。

これがまた当たった経験があり、そこから信用してしまうようになりました(笑)

どんなことが占えるのか?

では【数秘術】と【宿曜占星術】を用いて、どんなことが占えるのか?

1.数秘術を用いての、あなたの個性、特性、性格、運命・・などを観ます。

あなたが「どういう人間なのか?」「何に向いているのか?」などのあなたのプロフィールに関する特徴を導き出します。

これが不思議だけど【当てはまる】っていうのが、この占いの面白いところですね。

 

先ほど、運命数の導き方を説明しましたが、運命数と他に宿命数、使命数というのも同時に導きます。

その3つの数字を見て、さらに細かく分析していきます。

 

宿命数(Day Number)、運命数(Birth Number)、使命数(Target Number)。

・宿命数…幼少期から10代に出やすい特徴。あなたが他者に第1印象で与えやすい雰囲気。

・運命数…あなたの本質。20代以降の生き方。他者からすると付き合っていって見える人間性。

・使命数…人生の目標、課題。晩年のあなたの姿のヒント。

この3つの角度から分析することで、より詳しくあなたが自分自身のことを知るためのきっかけになるはずです。

 

自分を知った上で、仕事を考えたり、人間関係を見つめ直すためのツールとして活用できます

2.年気運…人生のサイクルを知ることができる

こちらも【数秘術】を用います。

数秘術は自分の誕生日を区切りに、1、2、3、4・・・9年サイクルで回っています。

これを年気運と呼びます。

 

例えば、年気運1の場合、何かを始めるのに良い年回りということがわかります。

年気運8は最も運気が高まる年回りであり、年気運9は、縮小、切り捨てするタイミングであったりします。

 

この言った人生のサイクルを知ることで、今自分は勝負する、動くタイミングなのか、現状維持で計画、様子見するタイミングなのかを知ることができます

年気運を導き出して、自分の人生史を振り返ってみると不思議と【当てはまっている】のが面白いです。

別の記事で詳しく解説しますので、自分の人生に当てはめてみてください。不思議と当てはまっていると思います。もしくは気軽にお仕事としてご依頼ください。鑑定しますので(^^)/

 

また人生がなかなかうまく行ってないなって感じる方は、タイミングがことごとくズレている可能性があります

終わらせるタイミングで起業しようとしていたり、家族や身内との時間を大切にするタイミングで転勤、1人暮らしを始めてしまったり・・など。

今まで鑑定させてもらった方で、間違ったタイミングで引っ越しをしてからうまくいかなくなったといった話も聞いたことがあります。

3.宿曜占星術で相性を占う

数秘術でも相性は一応あるのですが、3つの数字を照らし合わせると鑑定は難解になっていきます。

そこで僕は【宿曜占星術】を活用して、相性を診断します。

これが本当に当たる(あくまでも個人の実感です)ので、面白いです。

【栄・親】という一緒にいると運気が上がる相性であったり、【成・危】という正反対の性格同士な相性であったりを知ることができます。

特に気を付けるのは、【安・壊】という関係です。『安に当たる方は相手を破壊し、壊に当たる方は相手に破壊される』という相性です。

 

これが本当によく当たる。

僕自身、安壊に当たる相手を好きなったことがあり、僕が壊のパターンです。連絡のレスポンスが悪く、精神をすり減らして『破壊』されていた経験があります。当たるわぁ~(笑)

占いの活用方法

占いは人生をより良く生き抜いていくための、【ツール】の1つだと考えています。

単純に占い結果を聞くのが面白いっていうのもあります。

中には「占い?うさんくさいなぁ~」もいると思いますが、そんなに深刻に考えずに結果を見て当てはめてみて『活用できるかどうか』を重点に置いてみてください。

もしですよ?

恋愛面で考えた時に、ある結果であなたの好きな人がLINEでのやりとりがあまり好きじゃなかったり、1人の時間を大切にしている・・というのがわかったとします。

それを知った時に実際にLINEのレスポンスが悪いと感じていたけど、そういうことだったのか。とわかったり、また連絡を頻繁に送ることが逆効果になるっていうことがわかったりします。

これがまた本当に当たってることがあるから、占いは面白い。

そういうことが占いでわかって、人間関係が円滑になったらよくないですか?

 

だから占いは人生をより良くするための、あくまでも【ツール】なのです。

 

ただ占いで決めつけてしまうのも良くないです。あくまでも占いの結果は『参考』です。

大事なのはその結果を元に・・

・自分のことをしっかりと見つめ直す

・相手のことをしっかりと知る努力をしていく

ことです。

 

そして占い師の役割は、結果をお伝えすることだけではなく、その結果を元にあなたに『答え』や『ヒント』を気付いてもらう【きっかけ】作りのお手伝いをすることです。

カウンセラーのようなお仕事が占い師です。

まとめ

ざっくりと説明しましたが、これが僕の占い師として学んだこと・あなたに対してお手伝いできることです。

これから少しずつ占いでわかることや自分でも簡単に占う方法などをシェアしていこうと思います。

気になる方はまたぜひ覗いてみてください(^^)/

ではではーーーーー

最新情報をチェックしよう!

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of

占いの最新記事8件