【最新巻】ちはやふる 44巻のみどころ/ネタバレ含む

出典元:amazon

ちはやふる

の44巻が5月に発売しました。早速買って読みました。

 

ちはやふるをもっといろんな人に読んでもらいたい。

 

そんな気持ちを持って、44巻の魅力を紹介します。

ネタバレ含みますので、内容を知りたくないって方はここでページを離れてください(^^)/

—————-ここからネタバレ—————-

千早と若宮詩暢とのクイーン戦、第二試合目。

第一試合目を落とした千早。

二試合目も隙のない詩暢に苦戦を強いられる。

そんな中、千早が小学6年生の頃からかるたを教えていた”白波会”の原田先生も、応援にかけつけていた。

出典元:ちはやふる44巻

原田先生は、千早がクイーン戦前の練習で白波会に来なかったことを気にしていた。

—————-

いつか来るのか私にも 

あきらめる理由を見つけてしまって

丸こげになるような熱い勝負から居場所を失う日が

攻めがるたが最強だと証明できぬまま—————

ちはやふる 44巻 原田先生のセリフより

—————-

持病のひざの故障が年々悪化して行く中…自分を支える自信がなくなりかけ、今にも細い糸が切れそうな・・・その時・・

出典元:ちはやふる 44巻

千早が白波会に来なかったこと、自分が時代遅れなのではないかということ、に悩んでいたが…千早にはしっかりと原田先生の”攻めがるた”が受け継がれていた。

その姿は、まさに原田先生を彷彿とさせる”攻め”の姿勢だった。

—————-

44巻の中で、僕が一番好きな場面です。

 

もう44巻です。ホントに長く愛されているマンガであり、作者の末次由紀さんのかるたとちはやふるへの愛情を感じますね。

この長い歴史が、作品の魅力を引き上げて行きますね。

ずっと作品に寄り添い続けた僕ら読者は、

千早が初めて白波会に入門した時から、「名人を目指している」原田さんの姿を見ています。

そして前回の名人戦で周防名人に挑むも、敗れている姿も見ています。

 

これは”回想”ではなく、しっかりと原作の進行と一緒に見て来ているので、このシーンは本当にぐっときましたね。

 

長期連載なので、途中までで止まっている方もいるかも知れません。

偶然にも僕のブログに立ち寄った、この機会に「ちはやふる」、もう一度読み直してみませんか?

最新情報をチェックしよう!

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of